企業情報

東海共同印刷が目指すところ

東海共同印刷の企業使命は「社会や経済発展を目指して働く人々のために、その宣伝・出版を支援すること」。また「地域とともに歩むこと」を大切に、地域経済の活性化・町づくりを進めようとしています。

宣伝・出版という情報発信―社会に対するコミュニケーション―には印刷物に限らずさまざまな形があり、また日々進化しています。私たちは、クライアントの要望が実現されるための最適な形を試行錯誤しながら導き出し、それを提供し続けてきました。

新たな発想で、新しいことにチャレンジできるのが、印刷業界

激動の時代を向かえている印刷業界

印刷物は社会に行き渡り、印刷技術は平準化され、もはや普通のことです。このように言うと「どこが激動の時代なの?」と思われるかもしれませんが、印刷業界を情報産業業界と捉えると、わかっていただけると思います。

インターネットや携帯電話の普及により、人々のコミュニケーション手段は大きく変わってきています。インターネット広告が雑誌広告を抜く勢いで伸び続け、メールマガジンによる情報配信、インターネット通販は活況を呈し、個人でサイトを制作して世界と繋がることができる、書籍も電子化される……。

今ままでは印刷物を通しておこなっていたことが、印刷物以外の手段でも実現されるようになってきました。情報を誰かに伝える、誰かとコミュニケーションする手段が多彩になっているのです。

このような状況の中、早く・安く印刷することだけに特化する、特殊な印刷で勝負する、WEB制作に力を入れる、コンテンツビジネスを推進する……など、印刷会社は各社各様に業態変革に取り組み、将来を見据えて戦略的に変化している真っ只中なのです。

その中で、当社はこう考えます

当社がおこなっていることは、コミュニケーションの創造や文化活動への貢献。表現手段がどうのような形であるにしろ、企業と企業が、企業と人が、人と人がコミュニケーションしたいと思っている、その思いを実現させるために最適な形を提供することだと思っています。デジタルメディアだけ、紙メディアだけと限定するのではなく、必要に応じて取捨選択する、または両方をミックスして使用することで、手段にとらわれないコミュニケーションを提供していきます。

さらに重要なことは、「何を」「どのように」「誰に」伝えるのか、ということであると考えます。手段がどんなに立派でも、中身がなければダメですよね。ですから、印刷物の企画・取材・編集、販促企画、販促コンサルテーションなど、私たちが持っている情報や今までの経験をもとに、コミュニケーションそのもの・コミュニケーションの中身を創り出したいと考えています。そして、それを通して人々の幸せや平和な世界の実現に、総合力を発揮する企業として発展したいと考えています。

このページのトップへ戻る