社員が語る東海共同印刷

アットホームで働きやすい会社です。

高須和佳子
共同ネット事業部 開発グループ

1999年にアルバイトとして入社し、消費生協の雑貨チラシを制作していました。その後社員として採用され、共同ネット事業部に配属。DM印字や、アンケートの集計など業務内容は様々。写真や絵・雑貨・舞台などを観ることが好きです。

仕事の学び方

同僚に教えていただく、本を読む、研修に行く。教えてもらいながら実践で覚えることが多いのではないでしょうか。

仕事の醍醐味

給料がもらえる。カタログや冊子など、自分が製作に関わったものが形になることです。

中小企業の良さ

大企業に勤めたことがないので比較はできませんが、会社のほとんどの人の顔がわかる、意見も上まで伝わりやすい、などアットホームなところが良いと思います。

今までの仕事で感動した話

社内で制作した印刷物で、素晴らしいデザインのものを見かけた時は感動します。

応募者の皆さまへ

東海共同印刷は、意見の言いやすい、良い人の多い会社だと思うので、安心して応募してください。その気になれば、やりたいことを実行しやすい会社だと思います。

ヤリガイを感じる仕事の奮闘ストーリー

消費生協の雑貨チラシを作成していた頃は、校正の作業が中心でした。商品の規格(サイズや素材)の表示に間違いはないか、商品の説明でおかしい点はないか、など、たくさんの人に見ていただくチラシには、細かいところまでチェックが必要です。どんな作業にも共通して言えますが、ミスをなくすためには、注意力と集中力が必要だと思いました。

最近は、農協の食品類共同購入チラシの集計業務等をおこなっています。注文が記入された用紙をスキャナーで読取り、各農協や班ごとに注文明細を出力します。機械はなかなか思う通りに文字を読み取ってくれないので、注文間違いには気をつけています。商品の配達の仕組みなどが変更されると、様々な業務にも変更が生じるので、その都度柔軟に対応しなくてはいけません。毎週繰り返しの仕事ですが、時々作業方法やスケジュールを見直して、現状より効率良く間違いの起こりにくい仕事をしたいと思っています。

会社(専務)より

要求された仕事にプラスアルファを付け加えるという習慣はいつどこで身に付けたのか。お客様からの高い信頼と満足を得ているようです。プログラミングにも挑戦してもらいたいけど、少し時間を保証してあげなければネ。

このページのトップへ戻る