レポート

COMNET2007 (1回目)レポート

<< 前の記事 | レポートの目次に戻る次の記事 >>

4月25(火)・26日(水)10:00〜17:00、吹上ホールでおこなわれた合同企業説明会。その会場に入ったのは、開始時刻の10時を15分ほど過ぎた頃。始まったばかりだからでしょうか、学生の姿はまばらです。11時を過ぎた頃から、にわかに学生で混雑してきました。

企業も学生も、充実した時間を過ごしている

  ブースに学生が着席するまでは、企業も学生もお互いに緊張しているようですが、話が始まれば真剣な中にも和気あいあいとした雰囲気も。面接ではお互いに話したり聞いたりしないこと(できないこと)も話しながら、笑顔が絶えない和やかな雰囲気の中で話が弾んでいます。

当社ブースもたっぷり時間をとって、じっくり話をしています。緊張がとけない内に終わってしまい、当社も学生も上手く表現できなかったということはなさそうです。その表情からも、お互いに有意義な時間を過ごしているのが伝わってきます。

当社ブースを訪れた学生数は25日が49人、26日は41人。1日中、学生と話をしているとさすがに疲れます。しかし、様々な話ができ、会社説明会への応募もたくさんいただき、当社にとって実りある説明会でした。

印象的だったのは、企業の方の対応

  会場の周囲には、グルッと会場を取り囲むように、椅子が配置されています。コレは学生が休憩したり資料を見たり、どのブースに行こうかなどと落ち着いて考えるためのスペース。

印象的だったのは、ここに座っている学生に、企業の方が積極的に話しかけている姿。自社PRもあると思われますが、どこに行こうか迷っている学生にアドバイスしたり、目的のブースを見つけられない学生を案内したり。

企業の方の「今日の説明会を実りあるものにして欲しい」という想い、「参加している中小企業みんなで説明会を成功させて、良い人材に巡り会い、愛知の中小企業を元気にしよう」という意気込みが伝わってきます。

アットホームで親しみやすい説明会だから、みなさん来てください。

  企業側の「学生を迎えよう」「一緒に働こう」という姿勢が感じられる対応で、会場全体がやわらかな雰囲気でした。もちろん真剣な場所ではあるのですが、ピリピリしたところがなくアットホームな説明会です。

それ程堅苦しくなく、じっくり時間をかけて話ができる説明会なので、きっと学生は自分らしく働くことができる企業にめぐり合えるでしょう。企業も学生もお互いの理解がより深まる、良い説明会であるとの印象を受けました。

次回は、5月19日(土)・20日(日)に吹上ホールでおこなわれます。当社も参加しますので、ぜひ来てくださいね。

<< 前の記事 | レポートの目次に戻る次の記事 >>

このページのトップへ戻る